カードローン審査通過に大事な事とは

カードローン審査に通過する為に大事な事は、返済能力を信用してもらう事であり、銀行や消費者金融の各業者によって審査の基準に違いがあるものの、いずれにカードローン審査でも属性チェックがあります。 属性は客観視出来る要素であり、年齢や職業、在籍年数や借金歴等の要素を合わせて判断する事になり、見た目や喋り方と言った主観判断が挟む余地が無いものです。 例えばカードローン審査では一般的に成人以上で収入の流れを持つ方が利用出来るものであり、安定した収入の流れを持っている事が非常に大事になります。 高収入の方が審査が有利になる事は間違いないですが、それよりも安定した収入があれば低収入でも審査に通る可能性があり、公務員や大手正社員のように安定していると見なされる職業は審査に有利でも、借入件数が多かったりすでに借金が大きく膨らんでいたりすると不利になるものです。 アルバイトや派遣社員は不安定な職種とみなされがちですが、在籍年数が長いと審査で有利に働き、借金歴も悪く無ければ審査クリア出来る可能性が高くなります。 過去の借金歴でも延滞や滞納、債務整理の経験があると、貸し倒れリスクが高い申し込み者と見なされて、高収入で安定した職業でも審査を見送られる可能性がありますから、カードローン審査に通ってキャッシングが出来るようになっても、必ずルール通りに返済して、信用情報に傷が付かないようにする必要があるものです。 信用情報機関を通して金融業者は借金の申込みや利用履歴をチェックする事が可能であり、何かしらトラブルがあれば記録が残されてしまい、こうした金融事故記録が残る事をブラックリスト入りと表現されるようになります。 三井住友銀行カードローンなど銀行カードローンは審査ハードルが厳しく、信用情報に傷があれば通る可能性が低くなり、消費者金融の方が柔軟性が高くなっていますが、いずれにしても信用情報に傷が付くような事は無いように使う事が必要です。 消費者金融では総量規制がありますから、収入の無い専業主婦や年収の3分の1を超える金額は借金出来ないです。 銀行の場合は総量規制が関係無く、専業主婦でも条件次第で利用可能であり、年収の3分の1を超えた借金でも審査次第で利用可能になります。

カードローン審査のスコアリングとは?

カードローンの審査にはスコアリングシステムというのがあり、それに応じて申込する方の属性が判断されて審査可否が決まります。 このスコアリングシステムに沿って結果が出るため、各カードローン業者は審査スピードがアップして即日融資に対応してくれるのです。 あなたが審査に通りやすいのか、それとも通りにくいのかはこのスコアリングが一つのヒントとなりえます。 ではその内容を紹介しますと、まずは勤務先です。 公務員を筆頭に誰もが知っている大手企業ですとかなり属性が高いということになります。反対に小規模事業や自営業に個人事業主となると低い属性となってしまいます。 続いては勤続年数です。単純に長いほど良いスコアになり、短いほど悪いとなります。 雇用形態も重要で、正社員や役職ありの場合は高スコアになります。しかし、アルバイトやパートであっても1年以上同じ場所で働いていれば勤続年数の面で属性が良くなるということが言えるでしょう。 収入は年収が高いほど良いスコアであります。しかし、毎月同じくらいの安定した収入があるかというのも属性判断の対象で、多いときと少ないときの差が激しい自営業者やアルバイトは減点対象となります。 次は家族構成。独身で実家暮らしという場合や既婚で二人暮らしという場合は良いスコアとなります。つまりは同じ家に家族が住んでいるということで属性が良くなるのです。 住居形態は持ち家ですとスコアが良くなり、長い期間同じ場所に住みつづけているかというのも属性に影響します。賃貸であっても5年以上住みつづけている場合はスコアアップとなるでしょう。 最後に他社からの借り入れ金額や件数、そして返済履歴です。 少ないほど良いスコアでありますし、返済の滞りが一度も無いということで与信状況も良くなります。 以上、あなたはカードローン審査に通りやすいと言えますか? スコアリングは勤続年数や返済履歴などの面でアップさせるということが可能です。 支払いは遅れないようにするなど、スコアリングを良くすることを心がけて行くことで、カードローンや銀行融資などにも有利になりますので気をつけましょう。